安定しない、サイズの合わなくなったヒールパンプスを歩きやすく変える方法4つ


歩きにくいだけでなく
姿勢やスタイルが崩れる原因に

みなさんは靴を選ぶ時どのようにして選んでいますか?
まずは、自分の好みのデザインを手にとるでしょう。

次にどうしますか?
気に入ったデザインならお財布と相談し購入、という方もいると思いますが、ほとんどの場合、試着をすると思います。

このサイト、ヒールマニアをご覧になる読者の方であれば、試着しないで買うなんてことはあり得ない!という方も多いのではないでしょうか。

ですから、ほとんどの場合、ハイヒールが好きではいているという方であればぴったりサイズの靴を履いていることと思います。

しかし、ハイヒールもやはり革靴。使っているうちに伸びてきます。
紳士靴のように紐で縛るようなものであれば、それほど気になりませんが、ハイヒールパンプスとなれば話が違います。

ハイヒールの靴は、一枚の皮で足を覆うデザインも多く、また、パンプスは足の甲が指の付け根まで深く切り抜かれたようなデザインが多いため、皮が伸びてしまうとサイズ感が全く違う上、しょっちゅう脱げてしまって大変ですね。

脱げにくい靴が歩きやすい

脱げにくい靴の選び方

歩きやすいという事は、脱げにくいという事です。
そこで、初心者の方にお勧めしたいのは、ストラップやベルトつきのシューズです。

まずは、ストラップやベルトのついたハイヒールに慣れる事で、
脱げる事を意識せずに美しい姿勢で歩く事に集中しましょう。
すると自然と疲れにくく、かっこいい歩き方になってきます。

ストラップやベルトでもなかなか慣れない人は

歩きやすいハイヒールのポイントは
・重心移動がしやすい
・足の甲をしっかりホールド
・ソール(靴底)がやわらかい
です。

そこで、ウエッジソールのヒールサンダル等がオススメです。
みためはすこし難しそうに見えますが、ウエッジソールは底面が広く安定感があり、重心移動がしやすいです。
また、サンダルは、かかと側に支えが無い分、足の甲のホールド感がしっかりしています。
是非試してみて下さい。

持っているヒールパンプスをもっと歩きやすくは着こなしたい人へ

ハイヒールバンドをご存知ですか?
パンプスと足の甲をホールドするバンドです。
手持ちのくつを傷めずに、手軽に履きやすくすることができます。

出かけるときに付けておいて、訪問先で外す、という事もできますから、便利ですね。

追記:
Amazonでも売ってました!
一つ持っておくと使えますよ