なりたいスタイルで選ぶパンプスのヒールの高さ


はじめに

3cm、5cm、7cm、9cm、11cm…。
ハイヒールのヒールの高さは靴により様々です。
とはいえ、上に書いたような奇数の数字の高さであることがほとんどです。

ヒールの高さによる違いがあります。それは歩きやすさや履いたときの安定感だけではありません。

高さによって他人が受ける印象が違います。

ヒールの高さはプライドの高さ??

とても高いヒールをいつも履いている女性がいます。
そのような女性を思い浮かべた時、どのような女性をイメージしましたか?

その女性は、大人しそうですか?
それとも、真面目そうですか?
優しそうですか?

どうでしょうか、全く当てはまってはいないという声が聞こえてきそうです。

クールな女性。
厳しそう。
仕事ができそう。
夜の接客業をしていそう。
気が強そう。
知的。

このようなイメージを持った方が多いのではないでしょうか?

ハイヒールを好んで履く人は、だいたい自分がどのくらいのヒールが一番しっくり来るか
心得ているかとは思いますが、
一般的な高さに寄る違いをここでご紹介しておきましょう。

0〜3Cm

歩きやすく フォーマル向き

ハイヒールの中でも最も低いのが3Cm以下のタイプです。
これ以上低いと、もはやハイヒールとは呼べません。
ヒールの高い靴でなくても、底のあつさは0.5〜3cm程度あるので、
高さとしてはそうは変わりません。

しかし、3cmヒールにもいいところがあります。
かかとからつま先までの程よい傾斜が、ペタンコ靴よりも疲れにくく歩きやすいと言われています。
フォーマルな場等、ペタンコ靴ではカジュアルに見えてしまいがちですが、
このくらいの高さのヒールであれば、控えめで派手にはならず、カジュアル感もありません。

3〜5Cm

ビジネス等で普段使いに丁度良い

少しだけスタイルアップでき、安定感もあるのが5Cm前後のハイヒールパンプスです。
男性でも足長効果を狙って靴底にそっとインヒールソールを入れる方も最近はふえていますが、
3Cmインヒールソールだとかなり自然にみえますが、5Cmだと少しバレそうなくらい明らかに足が長く見えます。
5Cmのヒールとはそれほど明らかに足が長く見える高さという事です。

スタイルアップはしたいけど、高すぎるヒールは疲れるから毎日履けない・・・
というかたには5センチのヒールがオススメです。
ハイヒールの中では安定感のある高さです。
一見、もう一段階低い3センチヒールの方が安定感があるのでは?という気がします。
しかし、実際にはヒールが低すぎると少しでも重心がずれただけでヒールの側面が地面にこすれ
側面がすり減ってしまうことがあります。
また、変な履き癖がついてしまい、かえって外反母趾等になりやすくなります。

そういった訳で、5センチヒールは、ビジネスで毎日ヒールを履く人におすすめです。

5〜7cm

上品にスタイルよく見せるなら7センチ!

ハイヒールの高さで、最も全身のスタイルをバランスよく見せる高さが7cmと言われています。
5センチのヒールは足長効果だとすると、7センチはエレガントに見せる効果があります。

なれない人にとっては少し歩きにくいレベルの高さではありますが、
パーティ等で着飾る時は、これくらいのヒールが最も女性らしくエレガントに見えます。

単に足が長く見える、というだけではなく、
7センチのヒールは足の甲が正面から見たときに筋が見えやすく、セクシーな女性らしい体の曲線が表現できます。

7センチヒールは、デートやパーティ向き、と言えそうです。

5〜7cm

上品にスタイルよく見せるなら7センチ!