ジミー・チュウ(JIMMY CHOO)


Jimmy Choo ジミー・チュー
Jimmy Choo
ジミー・チュー

疲れにくいハイヒールと言えばこれ!

スタイリッシュでグラマラスな気品ある美しさと、履き心地がよく疲れにくい機能性を兼ね備えたシューズブランド。
セレブリティから一般の女性まで世代とライフスタイルをこえて人気があります。
クリスチャン・ルブタンやマノロ ブラニクなどと並んだ靴ブランドの代表格。
人気の靴はパンプス、サンダル、ハイヒールなど。靴の他にも、バッグ、財布などのアクセサリー関連も人気があり、最近ではスタッズを使うなどトレンドを取り入れ若い世代のファンも増えています。

ジミーチュウ:Jimmy Choo

ブランドの始まり
1996年、デザイナーであるジミー・チュウが自身の名を冠したブランド「ジミーチュウ:Jimmy Choo」を、当時、有名ファッション誌であるイギリス版「VOGUE」のアクセサリーエディター、タマラ・メロン氏とともに設立しました。

デザイナーのジミー・チュウ(Jimmy Choo)は1954年マレーシアで、客家とよばれる中国系の家系にうまれました。父親が靴職人だったことから、幼いころから父を手伝って靴づくりをするようになりました。
学生となったジミー・チュウはロンドンに移住し、現在のロンドン芸術大学のファッション科でファッションを学びました。学生時代は、掃除やレストランのバイトで生計をたてる生活を送っていました。

卒業後、イギリスでさらに靴作りの腕を磨いたジミー・チュウは、ヴォーグ誌の編集者、タマラ・メロンの目に留まり、これをきっかけにジミーチュウとタマラ・メロンが共同でブランド「ジミーチュウ:Jimmy Choo」を設立することとなりました。

このブランドのシューズの特徴は、ハイヒール・パンプスやサンダル、ブーツ、どれにおいても
エレガントでスタイリッシュなフォルムでありながら、かつ歩きやすいといった機能面を重視したもので、「奇跡のフィット感」と絶賛されました。

この、まさにハイヒール・パンプスの理想型とも言える靴は、セレブに大ヒット。
ダイアナ元皇太子妃が愛用したのは有名です。
また、靴好きな女性ならもうおなじみの海外ドラマ、「セックス・アンド・ザ・シティ」で使われたセリフ、「I lost my choo」(チュウをなくしたわ)も有名ですね。

ジミー・チュウ ブランド概要

ジミー・チュウの経緯

デザイナー:Jimmy Choo
創業:1996年、イギリス、デザイナーであるジミー・チュウと、英国版「VOGUE」誌のアクセサリーエディター、タマラ・メロンが「ジミーチュウ:Jimmy Choo」を設立

ジミー・チュウの特徴

気品あるグラマラスなフォルムでありながら、
長時間はいていても疲れにくいため、普段使いにも向いている
ベーシックなスタイルを基本としトレンドも抑えており、マノロ・ブラニクやクリスチャンルブタントならび、マンハッタンの女性やセレブリティに愛されている。

ジミー・チュウの逸話

映画「プラダを着た悪魔」で、アン・ハサウェイ演じるヒロインがおしゃれに目覚めるきっかけとなったのが、1足の「JIMMY CHOO(ジミー チュウ)」だった。
ハリウッド女優などにも愛され、レッドカーペットなどに登場する有名人が高級なドレスと合わせる靴の定番となっている。

ジミー・チュウの販売店・購入方法

・オフィシャルウェブストア
 http://row.jimmychoo.com/

・日本に直営店あり
 銀座店 (旗艦店 レディース&メンズ)
 銀座松屋店
 表参道ヒルズ店
 伊勢丹新宿店
 新宿高島屋店
 日本橋高島屋店
 池袋西武店
 渋谷西武店
 玉川高島屋店(レディース&メンズ)
 横浜そごう店
 ジェイアール名古屋高島屋店
 名古屋三越店
 京都大丸店
 梅田阪急店
 梅田大丸店
 心斎橋大丸店 (レディース&メンズ)
 神戸大丸店(レディース&メンズ)
 博多リバレイン店
 福岡大丸店
 熊本鶴屋店
 DFSギャレリア店
 阪急メンズ東京店
 阪急メンズ大阪店
 御殿場プレミアム・アウトレット
 神戸三田プレミアム・アウトレット
 三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島
Amazon→

Javari→

ジミー・チュウの価格帯

・約6万~15万円

ジミー・チュウの評価

★★★★★
足が疲れにくく、スタイリッシュなハイヒールはまさにレディースシューズの理想型。
女性なら絶対に1足は持っていたい靴です。

参考・出典