ハイヒール1センチ高いだけで筋肉痛

仕事でも毎日ヒールを履く私。
急いでいたりするときは走ったりもします。
ヒポインテッドトゥの9cmヒールパンプスは、足の甲がほとんど丸裸状態ですので、ハイヒールはほとんどつま先と踵に引っ掛けて歩いているようなもの。
いくら履き慣れている靴といえども、いつ脱げてもおかしくないようなギリギリのホールド感でもあります。

ヒールを毎日履いている私にとって、ヒールで走ることも慣れているとはいえ、やはりいざという時全力ダッシュできないのは少し困りもの。

そこで私は、足の甲まで隠れるヒールで、かつブーツほど深くない靴を探していました。
それが、ブーティーです。
これならどんなに動き回っても脱げる心配はありません。

先日、渋谷の西武百貨店の靴売り場に行くと、シューズバーゲン中でした。

いろいろ試した結果、しっくりくるものがあったので、それを購入。

探していたヒール高めのブーティーです。

Mode et Jacomo MEDA
Mode et Jacomo MEDA

足へのフィット感、デザイン、歩きやすさ、全身のスタイルなど、すべて気に入ったんですが、購入する際、若干気になったのはヒールの高さです。

普段使っているのが、9cm。
しかし、こちらはなんと10.5cm。

通常、9cmを超えるヒールパンプスの場合、つま先の方が高いプラットフォーム型にすることで傾斜を和らげ、かつ、つま先にかかる負担をそこの厚みで軽減させます。
しかし、このようにヒールも高く、つま先も薄いデザインは、傾斜もきつめで、つま先にかかる重量もつよく、なかなか歩行難度が高いと言えます。

まあ、でもその分ブーティーだからホールド感もあるし、大丈夫だろう。
ということで購入をきめました。

早速次の日も履いてみたのですが、これがなかなか、普段より1.5センチヒールが高いだけで、歩く姿勢も違います。
足首、もも、こし、背中、それぞれの筋肉が、ヒールの高くなった分だけ伸ばさないと不恰好なウォーキングになってしまいます。

まあ、そのうち慣れるだろう、
と2週間履いてみました。

慣れてきたかなぁ、と思う最近ですが、ふと気がつくと、、ベットから起き上がるときなどのちょっとした動作でも腹筋が痛い!
足腰もなんだか張っている気がする。

どうやらこの10.5cmハイヒールは、知らず知らずに筋トレになっていたんですね!

普段ヒールを履かない人にとっては、5cmヒールを履いただけで1日足が持たない、と言いますが、ヒール慣れしていても、普段履かない高さは、すなわち普段使っていない筋肉を使うということでは同じ。

ヒールを毎日履く人にはヒール筋がついているのでしょうね!と実感しました。

逆に、スニーカなどを普段履かない分、スニーカーを履いても筋肉痛になるんだろうと想像できます。

できるだけバランスよく、他の靴を試すなどして特定の部位ばかり使わずにいたほうがトータル的な美脚は目指せます。

明日から、帰り道はスニーカーに履き替えてウォーキングを楽しみながら帰ってみようと思います。